ちゃっくんの大冒険。ルーデルも大冒険?
現在、ちゃっくん迷子中です。見つけたらぜひご一報を。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーデルを迎えに
ルーデル2
ただ今、ちゃっくん迷子です。
どうか、似てる子がいたらご連絡お願いします。
ちゃっくん情報
ぴょんぴょん、ロンメル&メルダース!キャッツ☆スタジオ本日更新しました。

今日で最期のルーデルの記事です。
昨日、ルーデルを迎えに行きました。
帰って来たルーデルはロンメルと同じ大きさの入れ物に入ってました。
私、それにびっくりしました。
ルーデル
だってね大きさの差が2.5キロと1キロあるかないかですから。
お値段も実はるっちゃんの方がお安かったくらいなんです。
だからきっと猫さんサイズじゃないって思ってたんです。
きりり
きっと骨がしっかりしてたんでしょうね。
それってすごく嬉しいです。
私がやってきたケアがすべて間違ってたわけではないってことですから。
ルーデル
るっちゃんはいつもお顔がというか目の炎症が取れなかったです。
目薬さしたりハーブを使ったりしましたけど。
なかなか難しいものですね。
白血球の数値がものすごく高かったのですが、どこで炎症が出てるかわからなかったです。
ルーデル2
でも肝臓や腎臓の数値は正常。
いたくてなき続けた夜もありましたし、毎日獣医さんに行ったこともありました。
るっちゃんは3件の獣医さんに診てもらいました。
どの先生も私が信頼してる先生です。
ルーデル
ちゃっくんが丸顔なのに対するようにるっちゃんは三角顔。
ぜんぜんタイプも違いますが、似てるのは甘ったれなとこ。
同じ毛色なのですが、まったく違うように感じます。
ルーデル
子猫のような仕草は少なかったですが、それでも私にはどんな子猫よりもかわいかったです。
手がかかりましたし。
そして頭のいい子でした。
ルーデル
私が一番好きなるっちゃんです。
合鴨を持ってたのでちょうだいって騒いでるとこです。
この頃おすわりを覚えました。
ですが、その直後足が使えなくなりました。。。
ルーデル2
ここからるっちゃんの病気との戦いの毎日でした。
痛みが強いのならば、安楽死してあげた方が彼のためだと思いながらも少しでも生きて欲しいと私の思いと戦う日々でもありました。
なので痛いってアピールしない日がほっとする毎日でした。
でもきっと鈍痛はあったと思います。
ルーデル2
痛みが出てからできる限り一緒にいてケアをしてあげるようにしてました。
マッサージしたり撫でてあげたり。
そのたびに痛くてもぐるぐる言ってくれました。
あのぐるぐるに助けられました。
ルーデル
まだ遊べてた頃です。
悪くなったりよくなったりを繰り返しつつ少しずつ悪くなって行ってたんだと思います。
後ろ足が動かせないというのは前足が使えないよりはましでしたが、少しずつ悪くなってたと思います。
ルーデル3
ルーデル2
日だまりで日向ぼっこが大好きでした。
たまにベランダに出してあげるとよく寝てました。
気持ち良さそうにお昼寝でした。
お部屋に入りたい時にはニャーッて私に一言です。
ルーデル
結構お腹を出して寝る事が多かったです。
だいたいお腹をだして寝てました。
ルーデル
ちゃっくんハウスの中で前は寝てもらってました。
ちゃっくんハウスが小さくなり成長を嬉しく感じたりもしました。
ルーデル
るっちゃんには私たくさん勉強させられました。
どうケアをすればいいのかどうすればいいのか。
少し答えがでた気がしてます。
ルーデル2
ものすごく存在感の強いるっちゃんでした。
たとえ一緒にいた時間が短くても私の心に深く住んでいる子です。
ルーデル
今回、思ったより泣かなかったです。
それはきっとやれることはやったと私が思ってるからだと思います。
ルーデル
症状が出てすぐ立てなくなった時にこの子は長生き出来ない、でも少しでも長く一緒にいれるように頑張ろうと勉強もしました。
少しでも可能性のあるものを見つけては試してみるの繰り返しでした。
ルーデル2
この強い目力は彼の最期もでした。
気力はずっと残ってたんでしょうね。
でも体の限界だったようです。
ルーデル2
最期苦しんだ表情がなかったのがほんとよかったと思ってます。
まるで私が起きるのを待つようにそして眠るような感じでした。
ルーデル2
私の膝の上にいることが好きな子でパソコンに向かってるとちょっかいを出して来てました。
ここにいるよってアピールしてたのかもしれません。
ルーデル3
足がきかなくなってからもおすわりっていうとおすわりしてくれました。
ほんとえらい子です。
呼べば最期の晩も頑張って来てくれました。
ルーデル
アピールはすごかったですけど、私の心にこれほど沿ってくれた子はいなかったように思います。
どうかゆっくり眠ってそしてまたいつか我が家に来て欲しいと願ってます。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

涙がとまらない。
でも、ルッチちゃん頑張ったんですもの。
泣いちゃいけないね。
本当に眼力が最後まであったことが
写真でわかります。
今は、元気に走り回っているかな。
【2009/06/06 10:38】 URL | スー #- [ 編集]


読んでいて涙がポロポロ出て来ちゃいました。
今までル-デルちゃんのことを応援してきたけど、
こうやって一つの場所にル-デルちゃんの頑張りをまとめていただくと、
ル-デルちゃんはなんて頑張り屋さんで我慢強い子なんだろうと。
そうなんですか、骨はしっかりしていたんですね。
わからない病気に対しては、どんな治療をしてあげたら良いかって、すごく難しいし、対症療法になってしまうだろうけど、
やってきたことが間違っていなかったと思うことが出来て、本当に良かったですね。
ル-デルちゃん、今ごろたくさん合鴨食べてるかな~。
【2009/06/06 16:07】 URL | sally #frUh5rcM [ 編集]


>スーさん
ルーデル頑張りましたよ。
ほんとビックリするくらいのがんばりです。
えらかったです。
痛みがなくなって今は楽になってたらいいなって思ってます。

>sallyさん
ルーデルはよく頑張りました。
私は彼が長生き出来ないってわかってケアをしました。
病名だけでいいからしりたかったですが。
そうしればせめて治療ができたはずです。
様子を見ながらできることをやってみるではなく。
ほんとやってきたことが間違いではないってわかってよかったです。
【2009/06/06 21:40】 URL | ちあき #sCtPCMnU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chakkun.blog98.fc2.com/tb.php/205-8e7d0ba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ちあき♪

Author:ちあき♪
キャット☆スタジオで今まで一緒にやってましたが、あまりに写真の数が多いのでちゃっくんだけ別にしてみました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

=第四のカラム=


ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。